関係性の構築が難しいのが自閉症の特徴

ポイント

アスペルガー症候群と自閉症という二つは、脳の機能的な問題によって、あらゆる物事を認識したり理解する能力が低下しているために精神的な発達に支障を来すものです。 そのため、この種類の大きな箇所として、コミュニケーション能力の欠如や社会的な対応力が備わっていないという性質があります。

自閉症スペクトラム屋発達障害の考え方

このアスペルガー症候群は一般的な自閉症という状況を比較すると、これは知的能力には優れている事が多くあります。 社会的な適応能力も身についており、これらのポイントが相違点となっています。 発達障害に特徴的な点は、他人との関係性をWIN-WINで構築する事が出来ないというようなポイントがあります。 他人とのふれあいが困難になります。 又、この二つの大きな目立つ部分として、想像力に何らかの影響を持つことが多くあります。 それが結局はその関係性の構築や想像力の欠如は自閉症と発達障害にこれは共通したものとなります。

adhd
芸能人

模倣能力が自閉症は欠如している

オーソドックス

そして、この種類の症状を持つ方に特徴的なものとして、話す内容が非常に詳しく、本当に細かいところまで伝えようとするという点もあります。 これらのポイントがコミュニケーションを困難にさせる要因ともなっているのです。 この状態に特徴的な想像力の問題としては、どうしても生真面目すぎて融通が利かないなどの性質があります。

ゆっくりと自閉症と向き合っていきましょう

ここでは生まれつきの自閉症とアスペルガー症候群は関係性が強くなります。 未成年の子どもの時期に発達障害の性質を持つ子どもが、また思春期にアスペルガー症候群の症状を発達させることも頻繁にあります。 その為、これらの症状を明確に区別する事は困難になります。 一般的に発達障害というタイプを持つ方は、あらゆる面で負担があるようには認識できないことが多いのが解り易い箇所です。 これは通常通りフランクな会話もでき、高校の勉強などでも優れた能力を発揮する事が、これから多くあるためです。 そして、このタイプの場合は、常軌をきした行動をとることも少なく、自閉症などを患っているようには本当に知らなければ見えないのが一般的なのです。 しかしながら、このケースをもつ子どもの動作は、一般的な子どもと比較した場合はどうでしょうか。 どこか不自然な印象を与える事が多く、運動が得意でないという事が多くあります。 これはこの種類の模倣能力の欠如が原因となるためで、真似する際の着眼点が他の子どもとは大きく異なるという点が挙げられます。 そして、この状態の目立つ部分としては音へ過剰な反応があり、些細な物音で大きな恐怖心を抱きます。 これに非常に不安定な精神状態になってしまう事がかなり多くあります。

仕事
TOP