支援機関の介入が容易な仕事がある

会社

発達障害の中でも、アスペルガーの場合は知的障害を伴いません。 しかしだからといって、一般社会への適応が良いということではありません。

仕事も場所によっては能力を発揮できるアスペルガー

むしろ、わかっていそうなのに、できそうなのに、どうしてミスが多く仕事ができないのか。 また、人付き合いがうまく続かないのかということで、職場での人間関係が悪くなってしまいがちです。 また、知的障害のある方の場合は、支援機関のスタッフが職場に介入することが容易です。 これによって職場の方に対して直接助言したりすることができます。 しかし、このようなアスペルガー障害の方の場合は、このような仕事の障害者枠をここでは利用せずに一般の就労をされている方がほとんどです(カミングアウトをしている方も少ないでしょう)。

自閉症
adhd

仕事で人間関係を豊かする為には

医療機関

そのため、このタイプの方が生活や仕事上でトラブルを抱えた場合、自分自身でミスを適切に対処し、周囲と折り合いをつけていかなければならないというようなことです。 これがなかなか簡単な様で難しいのです。

特殊な秀でた能力を仕事に活かす方法

もちろんご本人は、医療機関を利用してアドバイスを受けたり、自ら進んで勉強したりしています。 それによって周囲を折り合う努力を既にされていると思いますが、それだけで世の中ではうまくやれるものではありません。 そして周囲の方々からの理解が不可欠になってきます。 自分と違う特徴を持った人のことを、すぐに理解するのは容易ではないと思います。 ましてや、このような殺伐とした職場や仕事であったりすると続かないで、とても困難なことでしょう。 しかし、これからは他者の特徴を客観的に見てみたり、その対応を考えたりすることは、アスペルガー障害の方との関係においてだけではなく、他の人間関係においても役立つスキルとなるでしょう。 きっとあなたの人間関係を深く豊かにするはずです。

芸能人

社会性が必要になっていく仕事

自分のペース

さて、アスペルガー障害に関する基本的なことを双方で確認させて頂きたいと思います。 まず申し上げたいのは、このパターンは性格の問題ではなく、脳の機能の問題だということです。 育った環境ではなく生まれた時から脳の働きが特徴的なのです。 つまり、ミスは治るものではない、一生抱えていかなければならない「生きにくさ」だということです。 そして彼らは、社会性の問題、想像性の問題を抱えています。

仕事をすぐに辞めてしまうのは理由がある

社会性というのは、人に合わせたり、共感したりといった、仕事や人間関係を円滑にする要素です。 彼らはこうしたことが苦手なので、正しくわが道を行くといったように、マイペースに過ごします。 何年か前にKYという造られた言葉が一時期流行りましたが、それをイメージして頂くとわかりやすいですね。 また想像性の問題とは、目の前にないことを想像したり、これから先のことを予測したりすることが苦手ということです。 こういったことが苦手だと、少しの変化があった場合に応用がきかなかったり、いつもと同じことで安心していつもと同じやり方に執着したりします。 非常に簡単な解説でしたが、仕事が続かないイメージできたでしょうか。 身近なあの人と照らし合わせて、合点がいった部分はあるでしょうか。 もう一度お伝えしておきたいのですが、これらの特徴は処方薬では治りません。 その人自身もこうした特徴を持つことが苦しんでいるかもしれません。 人付き合いの苦手な方々なので、仕事で絡みにくいことがあるかもしれませんが、これが上記したような特徴を頭において、何かの機会に声をかけてみてはいかがでしょうか。 具体的な話題で会話をすれば、このようにアスペルガー障害の方は緻密な会話をするのが好きな人が多いので、楽しめるかもしれません。

遺伝
TOP