自閉症は遺伝かどうか解明されてない

脳との関係

アスペルガーと自閉症には三つの父親からの遺伝の特徴があります。 一つは対人関係において目を合わさない、同年代の子供と遊べない、人とうまく関われないなど、社会的な面での発達障害を持っている確率が高いことです。

親の遺伝で子供もアスペルガーになる?

二つ目は言語の発達に遅れがあったり、これからは話しかけられてもそれにあった内容の返事ができないなどです。 コミュニケーションの面でのポイントがあることです。 そして三つ目は、活動や興味に偏りやこだわりがあって複数のパターン化していることです。 しかし、これらの三つの特徴が現れたときに、専門医に自閉症と診断されます。 自閉症は、親の育て方などとは関係はなく、遺伝かどうかもはっきり解明しているわけではないのです。 これは多くの遺伝的な要素が複雑に絡みあって起こるような脳機能の遅れなのです。

仕事
自閉症

コミュニケーション能力も遺伝なのか

幼稚園

そして、確率から見るアスペルガー症候群に顕著に見られる遺伝の傾向としては、やはり見ず知らずの他人とのふれ合いです。 どのように自分が行動するべきかということが把握できず、これに対して戸惑ってしまうことが特徴です。 その為、この特異症状を持つ方は、幼児期には他人と接触する機会が極端に少なくなります。 ここでも一人で行動する事が多くなるのです。 又、この障害を持つ方の特徴としては、コミュニケーション能力に問題がある場合が多いためです。

遺伝だけでは解明できない部分も

また相手に物事を上手く伝える事が困難になるという遺伝の特徴もあります。 又、相手の伝えたいことを真剣に理解することもできないためにです。 積極的にコミュニケーションが上手くとれず、会話が成立しないという傾向がデータ的にもあるのです。

adhd

遺伝によって起こる脳機能障害

浮いてしまう

手先が不器用だったり、光や音に異常に反応するという特徴もあります。 発達障害は自閉症の一種なので、それが起こる原因も自閉症と同じで、多くの遺伝的な要素によって起こる脳機能障害の確率です。 またアスペルガー症候群は高機能自閉症、高機能広汎性発達障害ともいわれます。

遺伝はあくまで可能性でしかありません

自閉症の中でも知的障害を持たないものという意味でそのように言われます。 それでも、このほとんど一般的な自閉症と大きな違いはないのです。 しかし言語が話せて知的障害も見られない点から、こういった要素があるようには見られないのがアスペルガー症候群の遺伝の特徴ともいえます。 それでも本人は生活のさまざまな面において違和感を感じたり厳しいストレスを受けています。 集団の中にいながら、他の健常者の子供とは波長が合わなかったり、子供たちの中で浮いてしまうことにもなるのは父親に似たからです。 好きな一人遊びができないことも過度のストレスになるでしょう。 だから早いうちからこういった特徴に気づき、診断を受け、その生涯に応じた支援を受けることがあります。 本人がストレスをためないためにも、家族がその子供を育てていく上にも大切になってきます。 専門の機関に相談できる環境をもち、発達障害に対して正しい方向性を理解をします。 家庭や地域、保育所や幼稚園、学校などと連携しあって子供を支えて育てていくことが望ましいのです。 そうすることで、発達障害の子供の個性を伸ばし、これは日常生活にそれほど支障なく過ごすことができるようにもなるのです。

芸能人
TOP