得意な分野と苦手分野があるアスペルガー診断

アスペルガー症候群というのは発達障害の一つで、現在は診断は自閉症スペクトラムという名前を使われていることが多いです。 主な特徴は、自分なりのこだわりを持っている、対人関係が苦手、言葉の遅れなどの知的な遅れはないなどがあります。 自分なりのこだわりというのは、たとえば趣味で電車マニアだったり飛行機マニア、機械マニアなど、自分の好きな分野については飛び抜けて詳しい知識を持っています。 それについて尋ねたりすれば、聞いてないことまで長々と話をしたりします。 また視覚に強く、チェックしなくても一度見ただけでも細部に至るまで覚えていることがあり、周囲の家族を驚かせたりします。 そのような得意な分野がある反面、苦手なこともあります。 こだわりが強い反面、周りは見えていないことが多くあります。 漫画による説明やブログなどを参考にしてみても自分の世界に浸ってしまいます。 そのため、その世界を邪魔されたりすると、過剰に反応し、治療を考えても、ときにはトラブルの原因にもなることがあります。 成人になっても運動も苦手なケースが多いです。 特にボール運動など高度な運動感覚を使うものは苦手です。 また、診断ではアスペルガーは予期せぬ出来事が起きたときに、それに応じた臨機応変な対応をすることができず、どうしていいかわからずに、パニック状態に陥ってしまうこともあります。

仕事

アスペルガーは診断と周囲の理解が必要です

また、チェックの際に診断を受けたアスペルガー症候群は相手とのコミュニケーションが苦手で、「出来事」と「それが原因で起きる内面の感情」という相関関係があまり理解できず、誰かに対して失礼な発言や反応をしてしまうことがあります。 そういったところで学校や成人が職場で人間関係がうまく作れなかったり、トラブルに発展してしまうということもあります。 しかし、治療としてもそれはアスペルガーの障害を持つ本人たちもとても苦しんでいるところでもあります。 映画や漫画などでもありますが小さいころから「変わった子」と思われ、いじめの被害にあったり、それをきっかけに不登校になったり、睡眠障害、うつ病、統合失調症なども併発してしまうことがあります。 ブログでも報告はありますが、これらは周囲の家族がこの障害について理解が十分でないために、起こってしまう診断と疾患と言ってもいいかもしれません。

自閉症

どんな環境がアスペルガーには診断が必要か

それではアスペルガーの方が暮らしやすくするためにはどんな配慮が診断の時に必要なのでしょうか。 まずは、それぞれのポジティブな得意分野、苦手分野を把握することです。 家庭・学校・職場(これは難しいかもしれませんが)でのそれぞれの場での様子を網羅できれば、よりベストでしょう。 そしてそれぞれが助け合えるように情報交換などの連携をとっておくと何かあった時の対処がしやすくなります。 成人でもそれらを把握した上で、自分自身の得意分野の活かせる役割を与えます。 「できた」体験、「何かの役に立った」という体験は誰にとっても嬉しいもので、自己肯定感を高めることができます。 また、アスペルガー症候群が苦手な分野で周りの家族が補助できることがあればそれを考えていきます。 これは感覚としては、足の悪い患者が松葉杖をする、目の悪い方が眼鏡やコンタクトをするのと同じです。 少し誰かの力をかりて自立することが本人にとっても、周囲の家族にとっても良いのです。 診断をした後そういった治療のできる環境にいることで本人たちの気持ちも安定し、パニックなどを起こしにくくし、二次的な疾患を患う可能性を低くします。 無料のブログや漫画や日記などで家族が協力してしっかりと状況をチェックしメモすることも大切です。

adhd

アスペルガーと診断を受けた際のコミュニケーション方法

そして、診断の後はアスペルガーのコミュニケーションについては、成人のソーシャルトレーニングが有効とされています。 これは、専門としているカウンセラーにお願いしてもいいです。 またさらに家庭や学校の教員でも一緒に取り組むことのできるものです。 書店にもワークブックが販売されています。 アスペルガー症候群は感情を感覚でとらえるのではなく、記憶力の優れた彼らならできる公式のように感情をとらえる方法です。 これには本人の努力も必要になってきます。 そして万が一、二次的な疾患の可能性が見られたら主治医に相談し診断と適切な治療に向けての処置をしてもらうことが必要です。 一般人のブログなども積極的に家族もチェックしてみましょう。 解り易く漫画でまとめていることもあります。

芸能人

障害者枠で働くことが出来るアスペルガー症候群

また、アスペルガーの方が一番悩まれるのが就職について考え始めたときではないでしょうか。 兎にも角にもこの疾患は環境が本人の状態を大きく左右します。 理解したうえで付き合ってもらうことが関わる人間すべてにとってよいことでしょう。 専門医に適切な診断をしてもらい、その範囲内であれば、アスペルガー症候群は障害者認定を経て、企業の障害者枠で働くことも可能になります。 その当事者にとって一番いい方法を見つけていきましょう。 成人は現在はハローワークやNPO団体が積極的に発達障害を持つお子さんの就職支援、就職した後のフォローをしてくれています。 そういった関係機関と連携を取っていくこともよいでしょう。 また、この障害についての対応、手当は、患者の年齢が低いうちに始めれは早い分だけ、自分自身の感じる不要なストレスは減っていきます。 一番近くにいる家族、そして学校の教員がいち早く気づき、対応を進めていくことがカギとなるでしょう。 ただし、障害はその環境それぞれ特性も違えば、性格も違います。 これは誰にでも言うことのできることですが、その状況に合った対応、付き合い方を本人の意思を尊重して考えていくことが大切です。 漫画があったり、家族がブログなどを書いているケースも沢山ありますのでチェックしてみましょう。 決められた型にはめるのではなく、治療や診断に対して柔軟に対応を行い、環境を整えてあげましょう。

遺伝

このページの先頭へ